クレヨンはいつから遊べる?買って良かった赤ちゃんにおすすめの商品

2017-07-07

お絵描きは3歳くらいから?と思っていましたが、もっと早くから遊べるんですね。

1歳になった娘に、初めて使うお絵描き道具は何がいいのか?しっかり調べました。

この記事では、赤ちゃんに適したクレヨンについて、参考になる口コミや実際使ってみた感想を書いていきます。

クレヨンはいつから?

対象年齢はだいたい3歳〜というクレヨンが多いですね。

ですが、対象年齢はあくまで目安として、見守っていれば遊べるものは遊ばせていいと、私は思っています。

自己責任なので、必ず誤飲やケガには十分注意

娘が1歳になる頃、試しに家にある100均のクレヨンを持たせたら、ササッと殴り書きができました。

おお!できるじゃん!ということで、いいクレヨン探し開始。

100均のクレヨンは色づきが悪いし、舐めたときに心配ですしね。

赤ちゃんに適したクレヨンとは?

誤飲対策

誤飲対策が考えられているクレヨンといえば、後で紹介するベビーコロール

しかし、クレヨンが小さくなれば、どのクレヨンも誤飲の可能性はゼロではありませんよね。

誤飲しないように見守りながら遊ばせることは、絶対に徹底したいところ。

一人遊びしないよう、使い終わったら手の届かない所に保管!ですね。

舐めても安心

見守って遊んでいても、クレヨンを舐めてしまうことはあるんですよね。

なので、舐めてしまっても大丈夫な素材で作られたクレヨンが安心です。

安心とはいえ、できるだけ口に持っていかないように注意はお忘れなく!

汚れがつきにくい

汚すのも赤ちゃんの仕事とはいえ、洗濯掃除は少ないほうが嬉しいのが本音。

「汚れても落ちやすい水性ペン」というのも試してみたんですが、1歳の娘には早かったようで・・・

手や服、床、色々な所に色が付き放題!

初めてのお絵描きには不向きでした。

ペンのほうがクレヨンより書きやすい、というこはなさそうです。

ペンや普通のクレヨンに比べて、汚れがつきにくいクレヨンは、見守る方が気楽です。

赤ちゃんに適したクレヨンをリサーチ

お野菜クレヨン

検索すると、まず良さそうだなぁと見つけたのが「お野菜クレヨン」。

「お米と野菜で作った安心安全なクレヨン」がコンセプトです。

EU製品基準のCEマークと、特許を取得しています。

できるだけ野菜のカットされる部分などを使っていて、コンセプトは素敵です。

しかし、口コミ内容は全体的にあまり良くありません。

色が薄くて、ちっとも塗った感じがしない。

大人でもイライラするような製品です。

ましてや子供には全く使いこなせないでしょう。

……エコロジーを勘違いして作ってしまった商品のようです。

(引用元:Amazon口コミ

「色が薄くて使えない」という口コミが大半でした。

良い口コミの中でも、発色が悪いのは我慢している人も。

そして、保管中に虫がわいたという方も!確かに米と野菜って・・・

食品である限り、長期保存には向かなさそうですね。

酸化、菌やカビも心配かも。そうなったら安心とは全く言えないですね(涙)

参考価格:1,896円(シーズン4/10色)

対象年齢:特に記載なし

素材  :ライスワックス、野菜粉末、顔料

メーカー:mizuiro株式会社

ベビーコロール

ちまたで噂の、大人気なクレヨンはこれ。

手や洋服に色が付きにくいクレヨンです。

舐めてしまっても安心で、厳しい安全基準である、米国協会認定のAPマーク(無害マーク)を取得済みです。

中の空洞は、万が一誤飲したときの気道確保のための工夫なんですね。

第5回キッズデザイン賞では、「経済産業大臣賞」を受賞しています。

紹介したのは12色ですが、他に6色、15色、24色(トイザラス限定)もあります。

12色で1,000円ほどなので、お手頃なのも嬉しいですね。

こちらも口コミは賛否両論ありましたが、8割以上が良い口コミな印象でした。

1歳半の娘のために購入しました。

蜜蝋のクレヨンがあったのですが、思いっきり書きなぐるのでどんどん折れてしまい、こちらを購入するに至りました。

……持ちやすく丈夫で投げても折れず、指に入れて遊んだりとすっかりお気に入りです。

色は薄めですが、画用紙からはみだしても、めったに汚れません。蜜蝋のは、カーペットにくっきり残り、拭いても全くとれませんが、このクレヨンはその心配もないため、安心です。

娘は力いっぱい書くので、画用紙にくっきり色が出て、問題なさそうです。

(引用元:Amazon口コミ

折れにくいというのは、良いですね。

積み重ねたり、指にはめたり、と色んな遊びが楽しめそうです。

ただ、赤ちゃんによっては力が入らず、うまく色がつかないこともあるとのこと。

参考価格:1,069円(12色)

対象年齢:2歳~

材質  :顔料、ポリエチレン、炭酸カルシウム、流動パラフィン、パラフィンワックス

メーカー:プリヴェAG株式会社

イシコロール

東京造形大学の教授が監修しています。

子どもの自由なお絵描きを引き出してくれるクレヨン。

こちらも、ベビーコロール同様、口に入れても安心のAPマーク(無害マーク)を取得済み。

まだ口コミが少ないですが、良い評価が多いですね。

1歳2か月、楽しそうにクレヨンを画用紙の上で滑らせています。

子どもが握るには適当な大きさだと感じています。

専用の袋がないため、大人の手のひらサイズの巾着袋を用意しました。

自分で袋を開けて使えています。

最初は口に入れてしまいましたが、親が使って見せると理解した?以後は口には入れなくなりました。

2歳と4歳の子どもが「普通のクレヨンの形のほうがいい」と、イシコロールを使ってくれないとレビューしている方もいました。

子どもによっては好みじゃないこともあるようです。

参考価格:1,218円(6色)

対象年齢:3歳~

材質  :ポリエチレン、顔料、炭酸カルシウム、流動パラフィン、パラフィンワックス

メーカー:株式会社あおぞら

実際に買ってみた感想

ベビーコロールを買ってみた

積み木として遊べる保険がついているなら♪とベビーコロールと画用紙を購入しました。

確かにクレヨンの材質は硬いですが、気になるほどではないです。

公式ホームページに次のように書いてありました。

※ふつうのクレヨンより硬めですので、画用紙など表面が粗い紙でのご使用をおすすめします。

(引用元:プリヴェAG株式会社

コピー用紙のような紙じゃなくて、画用紙がいいんですね。ここ重要です。

ツルツルの紙だと、しっかり描くには力が必要で描きにくいんです。

さて、ベビーコロールを娘に握らせた結果・・・まあまあ使えたほうかな〜といった感じ。

丸っこい部分を握れば描きやすいのですが、とがっている方を握る・・・

これだと力が入らず、いくら発色がいいという画用紙を使っても弱々しい発色。

そのうち握るべき部分がわかれば、使えるかな。

まぁしかし、本当に全く汚れが気になりません。

積み木のように遊んでも、手や服はもちろん、座布団や床などもキレイなままです。

追伸:1ヶ月後にイシコロールを使い始めたら、ベビーコロールの使い方も上手になりました。

丸っこい部分を握って、しっかりした筆圧で描けるようになりました。

だんだんと、大人に近いしっかりした線が描けるようになっています。

最初は上手く使えなくても、毎日触れていれば少しずつ上達しそうですね。

いしころーるを買ってみた

ベビーコロールが少し握りにくそうだったため、「いしころーる」を買ってみました。

石ころのほうが、握りやすいかも?と思ったのが、大正解

ベビーコロールよりも上手に殴り書きできました。

これを機にベビーコロールの使い方が上達したので、「いしころーる」から買うべきだったかな。

でも、どちらの形も楽しいので、両方とも買ってよかったと思っています。

「いしころーる」は6色のみですが、味のある線が描けるのが、いいところ。

自由な形をした石ころは、創造力を高めてくれそうですね。

塗り絵のすすめ

大人も一緒にお絵描きを楽しむと、赤ちゃんも楽しくなるものです。

食べ物もそうなんですよね、赤ちゃんに好き嫌いさせないためには、大人が何でも美味しそうに食べるのが一番。

でも私、お絵描きが苦手なんです。絵心ないって何度言われたことか(苦笑)

そんな私には、塗り絵がお役立ちアイテム。

落書きを初めたばかりの赤ちゃんにピッタリの塗り絵。

塗り絵というより好き勝手に落書きしてるような感じですが、絵を見て楽しそうにクレヨンを走らせています。

赤ちゃん用の塗り絵を一緒に塗るのもいいですし、自分用に大人の塗り絵を買うと、自分も隣でけっこう遊べます。

自律神経を整えるぬり絵は、Amazonでベストセラーになっている人気の塗り絵。

神経が整っているかはわかりませんが、久々に塗り絵してみたらけっこう楽しいものですね。

おわりに

クレヨンでの遊びは、遊び方に決まりがなく赤ちゃんが飽きにくいです。

一緒に遊ぶ大人が楽しめるってところも、意外と重要なポイントかも。

赤ちゃんに何か教えるとき、大人が楽しそうにやることが、大切だなと実感している今日この頃です。

スポンサーリンク

育児の工夫

Posted by Nao