ライスパワーNo.11の効果に感激!小ジワ防ぎ美白に繋がる化粧品

2017-05-10

乾燥に悩むあなたに是非知ってほしい!「ライスパワー No.11」の効果はスゴイ。

さすが医薬部外品として厚生労働省に認められた成分!「水分保持能改善」の効果がしっかり感じられます。

この記事では、ライスパワーNo.11の画期的な効能と、ライスパワーの恩恵を受けるならコレ!というオススメ化粧品について、お伝えします。

改善できずにいた冬の乾燥

ライスビギンに出会う前は、セラミド、プロテオグリカン、ホホバオイル、マカダミアナッツオイルが頼れる保湿成分でした。

しかし、冬になると、多少の乾燥は防げませんでした。

オイルを増やせば、しっとりはするけれど、どんなに馴染みがいいオイルでもベタつきが気になる・・・。

乾燥対策に更に効果のあるものを模索し、出会ったのが、「ライスパワー No.11」という成分です。

ライスパワーの力を取り入れてからは、冬も乾燥知らずで、笑った後の小ジワも目立たなくなったと実感しています。

ライスパワー No.11とは

日本唯一の潤い改善成分

まず、ライスパワー No.11とは、厚生労働省に医薬部外品としての効果を認められた日本で唯一の潤い改善成分」です。

肌内部のセラミドを増やして、肌自身が水分を保つ力を改善します。

潤い成分なんて他にも沢山あるけど?と思いますが、「肌そのものの水分保持力を改善する効果」が公的に認められた成分は、他にありません。

画期的なスゴイ成分なんです。

ライスパワー No.11を開発したのは、勇心酒造という香川県の酒造会社です。

No.11をはじめとした様々な効果を持ったライスパワーエキスを開発しています。

他の保湿成分と比較して

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、オイルなどの保湿成分は、補うことで一時的な保湿効果は得られるけれど、時間と共に水分は蒸発します。

肌そのものは何も改善されていないので、洗い流せば、保湿力は一気に落ちてしまいます。

しかし、ライスパワー No.11は、肌そのものに働きかけ、水分を保持する力をアップしてくれます。

肌の底力が上がるため、洗っても、補わなくても、自分で潤うことのできる肌になっていきます。

(引用元:勇心酒造株式会社

水分保持力を持った肌は、バリア機能が健やかに保たれ、紫外線、外部刺激、アレルギーなどから守られます。

つまり、シミ、ニキビ、シワを防いで美白&美肌に繋がるんです。

まさに、美肌セルフケアの基本は、「保湿」ですね。

選ぶなら「ライスビギン」の「オールインワン」

主なライスパワー No.11配合化粧品は以下の4社から販売されています。

米肌、ライースリペア、ライスフォース、ライスビギン

4社の製品を比較した結果、出た答えは「ライスビギン」の「オールインワンエマルジョン」が特に美肌づくりに効果的ということです。

その理由は、以下の通りです。

1.医薬部外品

2.オールインワン

3.エタノール含量が微量

この3つの理由については、こちらの記事で更に詳しく書いています。

ここでは、実際に届いた商品を試してみた感想をお伝えします。

結論としては、人生のお供したいほど、かなりのオススメ品だということです。

保湿効果を感じられたのは、その日の内からです。

肌に自然に馴染みサラッとした使用感なのですが、時間と共に乾燥してくることがなくなりました。

皮ムケ、粉フキがなくなり、ファンデーションのノリが明らかに良くなったのを実感。

ほのかなカミツレの香りも心地良くてお気に入りです。

ライスビギンをお試し価格で買う方法については、こちらの記事をご覧ください。

おわりに

ライスパワー No.11は、乾燥肌に悩む女性に是非使ってほしい成分です。

たかが保湿されど保湿!健康で美しい肌づくりには自ら潤いを保てる肌が欠かせません。

ライスパワー No.11を毎日のスキンケアに取り入れて、潤い力のある肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク